中性脂肪とコレステロールの関係とは?中性脂肪が低いのにコレステロールが高いのは何故?

中性脂肪とコレステロールは別物

中性脂肪とコレステロールは同じものと勘違いしている人も多く、両方とも数値が高いと生活習慣の改善が必要という点だけはクローズアップされています。そのため、健康診断の結果を見て、疑問に思う人も多く、コレステロールが低いのに、中性脂肪が高いという結果がでる事もあります。

 

これは、中性脂肪とコレステロールが同じ脂質であっても、まったく別物という点から出る結果です。

 

中性脂肪は貯蓄物

中性脂肪とコレステロール

 

中性脂肪は、簡単に言うと、貯蔵用のエネルギーで必要になったときに使うものです。反対にコレステロールは細胞の構成成分であり、人間が活動していく上で、ないといけない成分のため、数値が低すぎても問題になります。
コレステロールには、悪玉コレステロールと善玉コレステロールがあり、悪玉コレステロールは肝臓で作られたコレステロールを各機関に運ぶ役割をして、善玉コレステロールは血管に残った悪玉コレステロールを回収して肝臓に戻す働きをします。

 

この悪玉コレステロールが増えてしまう原因は、運動不足や喫煙、動物性脂質の取りすぎなどがあげられます。そのため、善玉コレステロールが少なくなり、悪玉コレステロールの回収が追い付かなくなって、数値が上がってしまうという事になります。

 

中性脂肪は、主に食事が影響して数値が高くなるので、食生活を肉類中心で野菜が少ない、糖質を制限してみるなど、食生活を見直す事で改善される事が多くなっています。コレステロールも、体には必要な成分ですが食事が影響して数値が変わってくるので、同じような生活習慣の改善が必要となります。

 

中性脂肪は減ると、コレステロールも減らせる

また、かかわりとしては、血液中に中性脂肪が増えると、血液中の善玉コレステロールを減らしてしまうと言われています。

 

中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減って、悪玉コレステロールが増えるので、数値だけ比べると中性脂肪が高いのに、コレステロールが低いという事が起こります。まったく別の脂質でも、密接に関係しているのが、中性脂肪とコレステロールといえます。

 

中性脂肪を減らすサプリメント比較ランキング